現在地:

トップ > 学校案内 > 校長挨拶

校長挨拶

着任のご挨拶に代えて

 ようこそ。玉造中学校ホームページへありがとうございます。
 玉造中学校は、成田国際空港整備事業計画の一環として、造成された成田ニュータウン在住の学齢期の子どもの増加に伴い昭和60年4月1日に開校して、今年で32年目を迎えます。
 「玉造」とは、遠い上代のむかし、古代の貴人たちが愛用した「勾玉、管玉」等の装身具を作っていた人々が住んでいたと伝えられる地であって、東国における古代文化の華が開き始めたところと考えられます。
 印旛沼にほど近い、成田ニュータウン北部に位置しており、生徒数276名、11学級(5月1日現在)の中規模校です。
 さて、本校は「玉造中学校でよかった」と心から言えるような安心、安全な学校を目指しています。生徒はもちろんですが、保護者の皆様、地域の皆様、職員も含めて「玉造中学校でよかった」と言える学校づくりを目指します。その実現に向けた取組を1つ紹介いたします。それは、「生徒のいいところ、頑張っているところなどを見逃さず、認め、ほめていく」ということです。生徒たちのがんばりを見逃さず適時に称賛していくとともに、職員間でも情報を共有し、多くの職員で声をかけていきたいと臨んでいます。多くの職員が声をかけ、認めていくことは、自己肯定感、自己存在感、自分に自信を持つなどのプラスの連鎖を生むと思っています。ひいては「玉造中学校でよかった」と言える1つのアプローチになると思っております。できればご家庭と担任や学年職員とも連絡を密にして相乗効果を期待したいと思っております。
 生徒たちのために、学校と保護者、地域の方々とスクラムを組み、自分の学校に愛着や誇りを持つことができるよう努力していく所存です。本校の教育活動に一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げまして、ご挨拶とさせていただきます。

成田市立玉造中学校
校長 寒川 晃士

ページの先頭へもどる