現在地:

トップ > 教育目標・学校経営計画

教育目標・学校経営計画

平成31年度 成田市立遠山小学校 学校経営方針

1 学校教育目標

育て駒っ子 かしこく やさしく 健やかに ~ふるさとを愛し 未来をたくましく切り拓く~

(1)めざす児童像

○ 知育

・学習に進んで取り組むことのできる子

・自分の考えを持ち、思いを伝えることのできる子

・自分で考え、課題を解決しようとする子

○ 徳育

・相手の立場を考え、協力する子

・良いことや悪いことを判断しながら、行動できる子

・自然を愛し、命を大切にする子

○ 体育

・運動に親しみ、進んで体を鍛える子

・あきらめないで最後までやりぬく子

・安全や健康に気をつけて生活できる子

(2)めざす教師像

○ 一人一人の児童理解に努め、児童の能力を引き出す教師

○ チーム遠山小として他の職員と力を合せながら児童の指導にあたれる教師

○ 児童や保護者から信頼される教師

○  より高い専門知識と指導力を身に付けようとする教師

☆「児童のためになるかならないか」をすべての判断基準とする

(3)めざす学校像

○ やる気とうるおいのある学校

・ 夢や希望があふれる学校

・ 元気な挨拶が響く学校

・ 花や緑がいっぱいある学校

・ 確かな学びがある学校

・ 児童も教師も全員が協力しあえる学校

○ 地域に信頼される学校

・ 家庭・地域に積極的に情報を発信する学校

・ 「絆」を大切にし、地域の施設や人材を積極的に活用する学校

○安全で安心できる学校

・ いじめを許さない学校

・ 危機への迅速な対応をする学校

・ 安全管理が行き届き、美しく整備された学校

 

2 本年度の経営の柱と重点

(1)人生を拓く『確かな学力』を育む

ア 学習指導の充実

〇 基礎的・基本的な知識・技能を習得させ、基礎学力の向上を図る。

〇 「主体的・対話的で深い学び」の実現のために、問題解決型の学習を充実させ、習得・活用・探求という学習サイクルの確立を目指す。

〇 学習の仕方を身につけさせるとともに、学ぼうとする意欲を育てる。

〇 指導目標に即した評価規準により、児童一人一人の学力と学習意欲を高める評価に努め、指導と評価の一体化を図るとともに、自らの指導改善に努める。

〇 ユニバーサルデザインの考え方に基づき、わかりやすい授業を実践する。

〇 読書活動をとおして豊かな言葉の世界を体験させ、自己表現力を育てる。

イ 総合的な学習の一層の充実

〇 地域素材の活用をとおして、創意工夫のある学習を展開する。

〇 学校林「駒の森」を活用した環境教育を実践充実する。

〇 探求のプロセスを意識し、よりよく問題を解決する力を育てる。

ウ 研修による指導力の向上

〇 キャリアステージに応じた指導力を身につけるために、教職員一人一人が自ら進んで研修する姿勢を大切にする。職員構成に応じ、「若年層研修」の充実を図る。

〇 研究教科(算数科)の指導方法等についての研修を深める。

〇 プログラミング教育の導入を見据え、総合的な学習の時間等の年間指導計画に適切に位置付けるとともに、ソフトを活用した授業の在り方について研修を深める。

〇 児童の実態や保護者・地域の期待を踏まえ、学力の向上を図る様々な研修の充実に努める。

〇 ブロック研修、校内研修、個人研修の充実を図る。また、一人1回は他校の授業研究会に参加し、優れた実践から学ぶようにする。

エ 家庭との連携を図った学力向上対策の実施

〇 「家庭学習の手引き」を配付し、家庭学習の習慣化を図る。

〇 「自学ノートの活用」に取り組ませることで、能動的に学習に取り組む姿勢を育んでいく。

(2)思いやりのある『豊かな心』を育む。

ア 道徳教育の一層の充実

〇 道徳教育推進教師を中心に指導体制の充実を図り、全教員が協力して道徳教育を行う。

〇 「考え、議論する道徳」を意識した指導方法の工夫改善を図る。

〇 資料の効果的な活用を図り、道徳的実践活動の充実を図る。

〇 児童の変容を適切に捉えるための評価方法について研修を深めるとともに事を集積する。

〇 道徳の時間の授業公開等により、家庭や地域と連携した道徳教育を推進する。

イ 人権教育の推進

〇 人権尊重の理念の理解を基盤に、いじめを許さない学校づくりに努める。

〇 いじめは起こり得るものという認識を持ち、家庭と連携していじめの予防や早期発見・早期対応に努める。

〇 全教育活動をとおして「差別をしない、差別を赦さない」という理念を持った児童を育てる。

ウ 特別活動の充実

〇 学校行事などの集団活動を通して、協力し合い、自ら進んでより良い学校生活を築こうとする態度を育成する。

〇 学級活動を中心として、話し合い活動の充実に努める。

〇 異学年交流を積極的に進め、児童のリーダー性や協調性を育てる。

エ 生徒指導の充実

〇 基本的な生活習慣の指導を行う。(早寝早起き朝ごはん、人の話を静かに聞く、心のこもった挨拶をする)

〇 発達段階に即した児童理解と教育相談を重視した生徒指導に努める。

〇 いじめ等の問題行動や不登校、虐待に対し、組織的に対応する指導体制を確立する。

〇 規律ある学習習慣を確立し、生徒指導の機能を生かした授業を展開するとともに、望ましい人間活動づくりに努める。

(3)活力あふれる『健やかな体』を育む。

ア 体育指導・健康教育の充実

〇 児童の実態を把握し、体育の授業及び日常生活における運動実践の充実に努める。

〇 健康診断結果の活用や家庭との連携をとおして、児童の健康指導の充実に努める。

イ 食に関する指導の充実

〇 給食指導の充実をとおして、望ましい食習慣を育てる。

〇 学校栄養教諭と連携し、食に関する授業を全学年で行い、バランスのとれた食生活の指導の充実を図る。

(4)発達段階に応じた『キャリア教育』を進める。

ア キャリア教育の連携指導の工夫

〇 全ての教育活動をキャリア発達の視点で関連付け、キャリア発達を支援する。

イ 自己の将来を思い描く指導の工夫

〇 働くことへの夢や希望の源となる様々な活動を推進し、勤労観・職業観を育み自己の将来を思い描くことができるような指導を工夫する。

(5)『グローバル化に対応した教育』を進める。

ア 日本人としてのアイデンティティの確立と主体的に発信する力の育成

〇 国際教育の全体計画を作成し、教科等に関連付けた教育活動の推進に努める。

イ 異文化理解と英語教育の充実

〇 成田市小中学校英語科指導基準に基づいた英語教育を充実する。

〇 外国人講師との効果的なティームティーチングを充実する。

(6)『地域とともに歩む学校づくり』を進める。

ア 地域とともに歩む学校経営の充実

〇 学校だより・学年だよりの発行や学校ホームページの随時更新により、情報発信に努める。

〇 地域に開かれた学校評価を実施し、信頼される学校づくりに努める。

〇 学校に寄せる期待や要望の把握に努め、真摯に受け止めるとともに魅力ある教育の実践に努める。

〇 学校参観・PTA活動を通して、情報の正確な提供に心がけ、家庭・地域と一体となった学校経営の推進に努める。

イ 地域の教育力・教育資源を生かした教育の推進

〇教科や総合的な学習等において、地域人材の活用や校外学習の協力要請等、地域の教育力を有効に生かして地域に根ざした特色ある学校づくりに努める。

(7)『安全・安心な学校づくり』を進める。

ア 事故防止のための施設・設備、備品等の管理と営繕の徹底

〇 備品等の整理整頓、後始末の徹底を図るとともに施設設備の定期的な点検を行い安全保持に努める。

〇 児童が自主的に整頓・美化に努める実践的な態度を育てる。

イ 安全教育の充実

〇 防災教育を充実し、「自分の身は自分で守る」という防災意識の定着を図る。

〇 地域と連携した交通安全教育に努める。

(8)『一人一人の教育的ニーズに対応した特別支援教育』を進める。

ア 児童一人一人の障害の種類、特性等に応じた特別支援教育の充実

〇 本人・保護者の立場に寄り添いながら、合理的配慮に関する共通理解を構築していく。

〇 一人一人の教育的ニーズに対応した個別の指導計画を作成するとともに指導内容や指導方法の工夫改善に努める。

イ 特別支援教育の推進をさせる学校体制づくりに努める。

〇 特別支援教育コーディネーターの役割を明確にし、校内委員会を活性化させると共に関係機関と連携した支援体制を機能させる。

(9)教職員の働き方を見直し、児童に向き合える時間の創出を進める。

ア 県の「業務改善リーフレット」に準じた総労働時間の短縮

〇 タイムカードを活用し、管理職はもとより職員一人一人が客観的に自身の働き方を把握し、改善に向けての意識を高めていく。

〇 校内行事等のスリム化を図り、業務の総量を減らすことで児童に向き合える時間を創出していく。

イ 他の職員と力を合わせながら児童の指導にあたれる職場づくりの推進

〇 校務分掌の役割を明確にするとともに、立案と運営のバランスを考え、互いに協力し合うことが当然という雰囲気づくりを醸成していく。

〇 「休むことは児童のため、家族のため」という意識を浸透させ、休んだ時はみんなでカバーするという姿勢を定着させることで、休みやすい職場環境を作り上げていく。

ページの先頭へもどる